交通事故電脳相談所TOP 弁護士報酬 相談予約    

プロフィール

弁護士西川雅晴です。プロフィールの一部を紹介します。 

Q このHPは誰が作成していますか
西川雅晴です。業者ではなく、弁護士自らが作成・更新をしています。

Q 職業・仕事は
弁護士(神奈川県弁護士会所属)です。
横浜で西川法律特許事務所を経営しています。平成26年で弁護士になってから29年目になります。
事務所は私、弁理士1人、事務員1人だけの典型的零細法律事務所。
取り扱っている主な事件は交通事故の損害賠償(訴訟、示談案件)です。

Q 交通事件をやり始めたきっかけは
弁護士登録をして直ぐ、大手損保から依頼がありました。それ以来、15年近く、損保の協力弁護士、顧問弁護士をしており、年50件前後の交通事故損害賠償事件を解決していました。事案としては訴訟や損保担当者が手に負えなくなった難件です。私が損保の仕事をしていた頃のエピソードについては払ってたまるかをご覧ください。

Q 損保顧問弁護士と言う立場と被害者側弁護士と言う立場は矛盾しませんか。
矛盾します。それ故、2001年3月末日をもって、損保の顧問を辞任し、損保から依頼された事件も整理し、被害者側弁護士として出発することにしました。以前は顧問をしている損保相手の相談はお断りしていましたが、現在はどの損保相手の相談も利害相反することはありません。

Q どんな経歴ですか
早稲田大学理工学部応用物理学科を卒業、東京工業大学大学院を中退。 大学では物性物理を選択し、卒業論文は「高分子の圧電性」をテーマとしたものでした。
大学院中退後は延々と無職。
学習塾の先生や家庭教師をやりながら、独学で法律を学び司法試験に合格、弁護士登録しました(38期)。法学部で学んだことはありません。
登録と同時に横浜弁護士会に入り、2年間、イソ弁として修行を積み、独立しました。

Q 年齢は
子供の頃、テレビが自宅にやって来て感動した世代。
山下達郎の歌にある「アトムの子供」です。

Q 興味ある法分野は
損害賠償(交通事故)です。

Q 好きなこと・好きなものは
知らない町を歩くこと。そして、地元の居酒屋で地酒や焼酎を飲むことです。
・長距離フェリーに乗ること。かつて東京ー釧路の航路があり、2回往復しました。釧路に4〜5時間滞在するだけのフェリー旅です。釧路航路が廃止されたのは残念 なことです。
・読書。旅行に行っても大体はホテルに閉じこもり、読書をしています。特に南西諸島(石垣島、宮古島)で読書をするのが好きです。
・音楽。クラシックからユーミンまで。
・犬昔はペキニーズが家にいました。犬が死ぬと人生の希望が失われるので当分は飼う予定はありません。今は近所の犬をからかうのが趣味です。
・何もしないこと。世の中には活動的な方が多いので疲れます。

Q 仕事の上で心がけていることは

多くの事件を持たないこと
これは一つ一つの事件を丁寧に処理するためであると同時に、常に迅速に動ける状態に自分を置くためです。また、自分のプライベートな時間を大切にするためです。事案を限定しているのもそのためです。

徹底的に調べる
判例であれ、現地調査であれ、もともと調べることは好きです。一つの事件に時間を費やしすぎ、経営合理性からは問題なのですが、これも性分です。

駄目もとで色々なことをやってみる
Q&Aをお読みの方は「駄目かもしれないがやってみる価値はある」と言う文章を何回か目にされたかと思います。大した結果は得られないだろうと思いやってみた所、思わぬ良い証拠を得られた経験があります。「駄目だろう」だからやらない、では無く、「駄目だろう」でもやってみる・・・・・・が私のやり方です。しかし、やっぱり駄目だったという経験も多く、異義申立でうまく行かなかったことも数多くあります。成功例の数を誇る事務所よりもマシだとは思いますが。

依頼者と十分連絡を取り合う
弁護士に事件を依頼したのに、進捗状況がさっぱり分からないと言う苦情を良く耳にします。
私は依頼者への連絡、話し合いを特に重視しています。弁護士としては事件の経過を速やかに逐一報告するのは当然です。頻繁なやりとりこそ「こいつは信用できるだろうか」という相互の疑惑が信頼に変る重要なきっかけです。

Q 生きて行く上でのモットーは

「長」がつく地位にはつかない
人生は短いのですから、そのためにエネルギーを使うよりも本当にやりたいことをやった方が良いに決まってます。「長」がつく地位に昇るよりも、法律の「職人」になりたいですね。それにしても私の業界には「長」のつく地位に昇りたい方が多いので助かります。

感情に流されずやるべきことをやる
何となく仕事をしたくない、怠けていたい・・・・・・人間の当然の感情ですが、そうした気分に流され、仕事をしないと余計、憂鬱になってきます。気分に流されるだけでは、何も成し遂げられません(といつも自分に言い聞かせてます)。

好きな言葉は「人は塵から生まれたから塵にかえる」
旧約聖書「伝道の書」の言葉。やがて塵に帰る私達の人生には意味が無いのかも知れません。それでも、私達はこの人生で何事かを成し遂げようと奮闘、努力します。こうした私達の生きる力はどこから来ているのかと逆に感じさせる言葉です。逆説に満ちた不思議なフレーズです。

Q このHPは誰が作ったのですか、費用はどの程度かかりましたか
すべて私の手作りです。
画像の入った、表示されるまでの時間が長いHPは嫌いなのでこのようなHPにしました。
HPを作成したソフトはWin95付属のフロントエキスプレス(勿論、無料)。
アップロード用ソフトは本の付録CDの無料ソフト。
結局、このHPを作成、アップロードするためにかかった費用は、本4〜5冊分の代金、約1万円程度。こんなに安く出来るとは思いませんでした。
自分のHPを持ちたい方、お金をかけなくても、この程度のHPは出来ます。

その後のことですが
新パソコンを導入後、フロントエキスプレスの使い勝手が悪くなり、結局、今はフロントページ2002を使っています。そのソフト代は約2万円。

その後のことですが 2005/1/26
ブロードバンドもだいぶ普及し、事務所もADSLとなりました。画像を入れても表示まで時間がかからない方も多くなりましたので、2005年より画像も入れることにしました。