相談対象の詳細について 

被害者(被害者遺族)からの以下の事案の相談です。加害者側からの相談は受けておりません。なお、相談対象とはならない被害者の方からの相談申込みも数多く寄せられておりますが、お断りしております。その際に不快の念を与えましたら容赦願います。

 加害車両に任意保険が付保されている場合 
・死亡事案、1~3級に認定済みの重度後遺障害事案
・後遺障害等級がまだ認定されていない場合は傷病名が脳挫傷、遷延性意識障害、高次脳機能障害、脊髄損傷、その他重傷事案 

 加害車両が任意無保険の場合 
死亡事案、1級~3級の後遺障害等級認定事案または右の等級認定が将来、予想される事案(高次脳機能障害、脊髄損傷、その他重傷事案)で、かつ被害車両の無保険者傷害保険に対する請求が可能な事案
※無保険車傷害保険の適用がなく、加害者に自己負担を求める事案は対象外となります。

 補 足 
相談対象か否かについて→Q&A(こちら)も参考にして下さい。
・脳脊髄液減少症
の方からも相談申し込みがしばしばありますがお断りしております。なお、脳脊髄液減少症は脳脊髄液減少症患者・家族支援協会という団体があり協力弁護士もおられるようです(私とは関わりのない団体です)。
・MTBI(軽度外傷性脳損傷)、高次脳機能障害の診断はあるが事故当初の意識障害・画像所見がない方、PTSD、線維筋痛症等も相談対象としておりません。
・既に弁護士に依頼している場合は相談対象とはなりません。
・その他、症状は存在するが傷病名が不明のもの、交通事故と傷病の因果関係が不明のもの、判決が下された事案等は相談対象となりません。